2012年9月27日木曜日

あ、あ、も、もくよーでございますればたてまつりそうろう。

皆様、こんばんは。
木曜の男が待ち遠しいですか?いいえ、これはペンです。

さて、弊社デザイン担当のHugo(ウーゴ)との会話でのこと。

私はデザインソフトは全く使えず、Hugoの横に座って、
あーじゃこーじゃ偉そうにデザインの指示を出してるんです。

そして、出来上がった原稿をメールに添付してもらって、
横でお客様にメールの文面を書いて送る。
ってのがいつもの流れでございます。

Hugoは日常会話は問題は見られないのですが、文章の読み書きがひらがな程度。
会話中に難しい単語が出てくると、首をかしげます。

いつも、メールの文頭に○○様って書いてますが、
先日、
Hugo「この漢字ってなに?」

木曜「これは『様(さま)』だな。
   Sr.(セニョール)Sra.(セニョーラ)ってつけるだろ?
   あれと一緒。(Mr.Mrs.と同意)」

Hugo「ふーん。」


木曜「『さん』って言うだろ?
   あれを丁寧に言うとこうなるな。


Hugo「『さん』って、友達にも使うだろ?」


木曜「まぁ、使うね。

Hugo「『ちゃん』はこのメールで使わないのか?」

木曜「使っちゃダメ。それは可愛らしいと思ってる人に使う
   言葉で、年上の人やビジネスには使っちゃダメ。


Hugo「そうなの??使ったらどうなる?」


木曜「『なんだコイツ?』ってなるだろうな。
   『様、さん』は年上や初めて会った人に。
   『君、ちゃん』は同じ年か、自分より年下に。
   仲のイイ人は呼び捨てでもOK。
   ビジネスでは『様、さん』だけ。

Hugo「・・・・。年齢で変わるのか?友達になってもか?」


木曜「そう。だから、日本人なら
   最初に相手の年齢を予想しようとする。


Hugo「友達なのにか?なんか、大変でイヤだな・・・。」

木曜「だろうね。めんどくさいとは思うよ。
   でもね、『親しき仲にも礼儀あり。』って
   言葉があるの知ってる?

Hugo「分かんないな。」


木曜「まぁ、アミーゴ(友達)になったからって、
   調子にのっちゃダメ。やっぱり大切にしようよ。
   ってこと。

Hugo「なんだソレ!!すごくいいな!!」


木曜「??そうなのか?ブラジル人はそう考えないの?


Hugo「アミーゴになったら、お金返さなくなったり、
   借りたものも返ってこなくなる人がいるぞ!!
   その言葉素晴らしいな!!」

とまぁ、こんな流れにはなりました。

これはあくまでもHugoが個人的に体験した話です。
 「親しき仲にも礼儀あり。」という言葉がブラジルにあるのか、
 またそれは、どれほど浸透しているのかは調べてはいませんが、
 ブラジル人が全てそうであるとは決して思わないで下さい。
 アミーゴになるとお節介なほど親身になってくれたりする。という話も聞きますし、
 お呼ばれしたらその人の家の冷蔵庫を勝手に開けてビールを飲んでも大丈夫。
 なんて日本とは違う感覚もあります。
 かく言う私も、ブラジルで日本人宅にディナーを誘われた時に、
 ビールがきれてる事を伝えるのも、なんか申し訳なく感じたので
 自分で勝手に冷蔵庫を開けて取ってしまい、ビックリされてしまいました。

 つまり、ブラジルの『アミーゴ』という感覚日本の『友達』という感覚は、
 基本的に距離感が違うのだと思います。アミーゴはもう、家族に近い。
 だから、貸し借りしても共有という認識で、友達の冷蔵庫も自宅だと感じている。
 きっと、そういう感覚なのだと、なんとなくですが思います。

まぁ、今回Hugoとの会話で気づいたのは、
日本は相手との精神的な距離や、積み重ねた時間の距離で呼び方が変わるということ。
複雑ではありますが、まぁ私は好きですね。
面白い発見でした。




大変申し上げ奉りにくいのですが、楽々サンパウロという書物がアマゾンなるものに出展奉り候。




うむ。では、一句奉る。

   日本語ってー

      めっちゃムズイって
         
          おもわねー?




では拙者、来週の木曜日に再び参上奉り候。

月刊Pindorama8月号はこちら。New
サッカー情報は14・15P
ポルトガル語レッスンは20P
ブラジル経済は30P・31P
ピアーダ(ブラジルジョーク)で学ぶブラジルは34P
賃貸情報は41P
求人情報は42P 他割愛

Pindorama のバックナンバー

楽々サンパウロの表周りと目次はこちら。








Open publication - Free publishing - More brazil

「おもしろい」ってボタンを押すなってー押し奉るなってー。↓↓↓

1 件のコメント:

Kana I さんのコメント...

木曜の男さんの編集部便りはめっちゃおもしろいし、しかもと~ても勉強になります。ものすごく久しぶりにコメ書き込んでるんですけど、おもしろすぎです#^^# 
今回のはですね、本に載ってないような話題で好きでしたよ。

木曜の男さんらしい、毎週のアップを楽しみにしてます。
あれ、薩摩男児だったんですねえ。わたし肥前の出身なので勝手に九州弁に親しみを覚えます。
またアップ期待してます!

かな