2008年7月27日日曜日

ピンドラーマ2008年8月号の表紙にならなかった写真


サンパウロ中心街(セントロ)にあるバネスパ銀行ビルから撮影したサンパウロ市街の様子。
撮影はヴァウテル・アントゥネス。
2008年7月22日、気温摂氏28度、湿度19%、雨なし、風なし、大気環境不適格。
バネスパ銀行ビル(o edifício do Banespa、正式名称Edifício Altino Arantes)は州都サンパウロを最も象徴するビルのひとつ。サンパウロ市内で3番目、ブラジルでは4番目に高い。サンパウロ州立銀行(Banespa)の本店とするために1939年から着工、1947年に竣工した。20年間にわたってサンパウロ市で一番高いビルだったが、イタリア・ビル(Edifício Itália)に抜かれた。当初の計画からニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディングに似せるよう変更を加えられ、竣工直後は世界一巨大な鉄筋コンクリート建築物と言われた。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

テスト、テスト、ワン、ツー、パンチ。

へ〜、サン・パウロって地震は大丈夫ですか?
最近じゃ高いビルはアラブ諸国にかなわないもんなあ。

アルテッチャン さんのコメント...

投稿出来ました。

もう一丁実験。